嘘、大袈裟、紛らわしい

錯視、ってご存知ですか?
2本の同じ長さの棒が違う長さに見える、
などのような、目の錯覚を利用した画像を
見たことがあると思います。

さて、以下の画像はフジテレビのニュースのキャプチャです。

画像

「警察官の世代別の懲戒処分者数」
をグラフにしたものだそうでして、
このグラフを映しながら・・・
「目立つ“若い世代”の不祥事」と
放送したのですが、

「若い世代」と50代の全体における%の比較をすると、
50代=94/347=27%
「若い世代」=97/347=28%
と1%しか違わないうえに、
「若い世代」だけは10代と20代の合計です。

更に、円グラフの中心点をかなり上に移動させて
「若い世代」の面積を大きくして目立たせています。
色も前進色の赤で強調!
大して変わらないものを、いかにも大きな相違であると
誤認させるような手法をとっています。

これが「報道番組」のやることなんでしょうか?

TVは信用ならない媒体であると、改めて認識させられる
良い事例ですね。
皆さんもTVに騙されないように気をつけましょうね。


この記事へのコメント

Shouta
2012年02月03日 18:27
テレビは嘘は言わないらしいですが
ごまかすことはしょっちゅうです。
見極める目を自分で養うしか無いですね。
2012年02月03日 21:55
Shoutaさん、ご無沙汰しております。
お元気ですか?
こちらでは、寒い日が続いておりますが、そちら様はいかがでしょうか。
さて、8年ぶりにPCを買い換えて、現在のPC環境のあまりの変貌に戸惑うことしきりの今日この頃です。
近いうちに、今浦島のPC買い替え日記でもUPしようと思っております。

この記事へのトラックバック