本音

便所の落書き、と揶揄されるネット上の書き込みですが、
人の本音を知るためにはよい指標だと思います。

普段は世間体などを気にして、本音を中々話さないのが
一般的日本人像です。

・ 死刑廃止論
・ 在日問題
・ 核装備
・ 9条改定論議

この手の微妙な問題については、口に出すことさえ
タブー視されるのが日本という国です。

ちなみに私のスタンスは・・

・ 死刑廃止論
 → 死刑執行、大いに結構!
   他の国がとやかく言おうが、わが国はわが国である。
   右の頬を打たれたら、左の頬を・・・って、宗教の国では
   長男を殺されたら、次男の命も差し出すんでしょうか?

・ 在日韓国、朝鮮人問題
 → ”特別”扱いはやめるべきである。
   他の在日外国人に対する差別である。
   過去の経緯は条約にて完全に解決済みである。
ついでに言うなれば、教科書問題は日本国内の問題だ、
外国人が口出すんじゃねえよ!

・ 核装備
 → 持って無いから舐められる。
   議論すら許されない風潮は異常。
   核が駄目なら報復手段として、他の手段を含めて
   検討をするべきである。

・ 9条改定論議
 → これも、議論すら許されない風潮は異常。
   明白に韓国からの侵略を受けている竹島に対してすら
   行動を出来ない方が異常である。

ここ数年で、一般的な情報伝達媒体であるTVや新聞による
世論誘導能力がガタ落ちしている昨今、ネットに対する規制の
動きが活発になってきました。
本当のことを知られると、都合の悪い人がいるからです。

ちなみに、日本のマスコミの報道の自由度の世界順位は、
国境なき記者団によれば、22位
米ギャラップ社によれば、64位

このように、”自由度の低い”マスコミや、マスコミにぶら下がる
業界としては、”不都合な真実”が流出する経路は
つぶしてしまいたいのでしょう。

これからは、一般媒体、ネット媒体ともに、情報リテラシーを
しっかりと持って情報を読み取らないといけない時代になりそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック