いじめ、万引き、援交

今、某県で自殺と言う悲劇的結果になった
「いじめ」問題が注目されています。
事実は捜査中との事なので、本件について
直接は言及しませんが、常々おかしいと思っていた
事について一言・・・。

「いじめ」というと、「子供同士の喧嘩」とか
「子の喧嘩に親が出るのは如何か」といった
意識が働きませんか?

しかし、暴力を振るったり、金品を要求するのは

「犯罪」です。

「暴行罪」「障害罪」「恐喝」なのです。


「万引き」と聞くと、子供の出来心、なんて思いませんか?
でも、「窃盗」なのですよ。

「援助交際」というと、いかにも罪ではなさそうですね。
「売春」「買春」であることになんら変わりは無いのですけどね。

マスコミも、こんなオブラートに包んだ言い方はせずに
はっきりと「犯罪」である事を表現すべきでしょう。
そして、子を指導するわれわれ大人も、これらの言葉によって
自らの責任を軽く感じるのではなく、きちんと犯罪である事を
意識して、子供の指導をしてゆかねばなりません。

大津の「いじめ」事件。
注目しています。
周囲の大人の発言についても、信じられないような発言の
情報も耳にしています。
情報がはっきりしたら、改めてコメントしたいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック