撮り鉄

鉄っちゃん、なんて言うとまだ可愛げがありますが、この頃は「撮り鉄」が何かと世を騒がせています。

画像


あるイベント会場にて幼児を略取して親御さんに土下座を強要する人物の映像です。
経緯は不明ですが、どうあれ明らかに未成年者略取ですね。

さて、もう一つ。
これは「撮り鉄」の仕業であると断定は出来ませんが、状況証拠から「撮り鉄」による器物損壊の事案である事が濃厚な件です。

画像


しなの鉄道の敷地内の桜の木がばっさりと切られてしまった事件。

これらの事案は一昔前であればこれほど問題にはならなかったかもしれませんが、ネットの発達によってこのように世に広く知れ渡る時代です。
「お天道様が見ている。」が現実となってきているのです。

もう少し道徳心を持って行動したほうが良いのではないでしょうか?

「撮り鉄」に限らず、
かさを水平に持って手を振りながら歩く人、
階段の途中で立ち止まってスマフォを操作する人、
キャリーバックを目いっぱい後ろに引きずりながら歩く人、

日本人の気遣いの心を思い出して欲しいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック