KOREAN

差別的用語を極力使わぬように留意してきたつもりの当ブログですが、「朝鮮人」は差別語に入りますか?

朝鮮人を英語翻訳するとKOREANになるのですが、この「KOREAN」はアメリカにおいて差別語と認定されたとの事です。

じゃ、なんて呼べばいいんでしょうね?

そもそも、民族の正式呼称が差別語として認定されるなんて、どういう民族なんでしょう?

↓ こういう民族です!

指示に従ってタンカーを泊めていた外国船に、指示を無視した自国船が衝突すると、なぜか外国船が罪に問われる国の民族。

国の親書を受け取り拒否し、郵送で返送する国の民族。

外国の国会議員の入国を理由を言わずに拒否し、後になって言い訳した理由が「身の安全を保障できないから」という国家の民族。

海外に赴任するキリスト教(亜流)牧師が数十人の少女をレイプする国家の民族。

海外の学校で銃を乱射して数十人を殺害する民族。

犯罪者引渡条項を無視して、逃がしてしまう国家の民族。

北は人間を拉致し、南は仏像を拉致して、それを国ぐるみで正当化しようとする国の民族。

etc , etc ・・・

朝鮮の人達。
恥ずかしいと思いませんか?
思うようなら、端からこんな破廉恥な事は出来ないでしょうけどね。

「日本が悪いから当然だ!」という朝鮮人の話を良く聞きますが、私は朝鮮および朝鮮人に対して被害を及ぼすような事をした覚えは一切ありません。
「過去の悪行・・」と言うのであれば、我々世代の知った事ではありませんし、「日韓基本条約」で「完全に」解決済みです。

そろそろ自らを省みる事をしないと、「朝鮮人」の侮蔑的意味合いがますます大きくなると思いますよ?
私としては、韓国絡み、朝鮮絡み、在日企業絡みのものは極力避けるようになって来ましたし。
たとえ「お隣の国」が困っていても、積極的に助けようと言う気持ちは起こりそうにありません。

ケンチャナヨ!
と言うのであれば、どうぞご勝手に。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック